【土曜診療あり】「川越駅前胃腸・肛門クリニック」を紹介

川越駅 東口から徒歩2分の位置にある「川越駅前胃腸・肛門クリニック」をご紹介します。

痔の治療や胃、大腸の内視鏡検査をはじめとした「肛門外科」、「胃腸内科」の診療に力を入れている医院さんです。
苦痛の少ない内視鏡検査を取り入れ、病気の予防や早期発見に努めています。
痔の日帰り手術や痛みの少ない内視鏡検査など、一人ひとりの症状に合わせた検査・治療を行うことで、患者さんへの負担を少しでも軽減できるようなクリニックを目指している医院さんです。

※掲載医院の情報は2020年2月時点のものです。

川越駅前胃腸・肛門クリニックの特徴

・川越駅から徒歩2分
・痔の日帰り手術に対応
・土曜日の内視鏡検査にも対応

診療時間

診療受付時間
09:00~12:00
13:00~15:30
15:30~18:00
15:30~17:00
  • ネット予約

電話予約はこちら
電話予約はこちら
※電話予約は営業時間内にお願いします。

0066-98010-117860

営業時間・診療時間内にお電話ください。

  • ※当社及びEPARK利用施設は、発信された電話番号を、EPARKクリニック・病院利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用できるものとします。
  • ※一部回線からはご利用いただけない場合がございます。ご了承ください。

川越駅前胃腸・肛門クリニックの診療科目

肛門外科・外科

切り傷や擦り傷、刺し傷、打撲、やけどなどの外傷。

痔(イボ痔、切れ痔、痔ろう)、かぶれ、血まめをはじめとした、肛門に関する疾患の診療を行っています。

胃腸内科・消化器内科

内視鏡を使用したポリープやガンなどの検査をはじめとした、食堂や胃、大腸に対する診療を行っています。

ピロリ菌の検査も対応しています。

川越駅前胃腸・肛門クリニックの注力している治療別の対応方針

痔の治療

痔の治療では、まず、座薬や軟膏の薬を使用した治療を行います。場合によっては日帰りでの手術にも対応しており、月曜日と金曜日に手術を行っています。
重度の痔でなければ日帰りでの手術は可能なため、入院することが難しい人でも受けることが可能です。
日帰りでの手術の場合、経過観察のため通院が必要になります。

「無送気軸保持短縮法」による痛みの少ない大腸カメラ

「無送気軸保持法」とは、大腸を手前に畳み込むように腸を短縮して行っていく方法です。

大腸検査が苦しいのは、内視鏡を進める際に腸が伸びる痛みや腸の張りなどの人為的操作が原因です。
「無送気軸保持法」では、腸を伸ばさず空気も送りません。内視鏡を押し進める際にも軸を保ちながらまっすぐ進ませることで、可能な限り大腸への負担を軽減させた検査方法です。

川越駅前胃腸・肛門クリニックのおすすめポイント

院内空間の充実

来院された患者さんが、少しでも快適に過ごせるような院内空間になるように設備などを整えています。
男女に分かれた更衣室や検査などをした患者さんに歩く負担がないようにストレッチャーどの移動ができるように設計しています。内視鏡の厳重な感染対策や一人ひとりに適した器具を使用できるように努めていくなど、快適な環境作りに力を入れています。

アクセス



ネット予約はこちら

まとめ

内視鏡検査や肛門外科の診療に力を入れている医院さんですが、外科などの一般診療にも幅広く対応しています。
日帰りでのポリープ切除や痔の手術など、患者さんへの負担軽減に努めている医院さんです。

川越駅前胃腸・肛門クリニック

川越駅東口徒歩2分

電話予約はこちら

0066-98010-117860

電話予約はこちら

あある

おもに県南西部で活動する埼玉県民。埼玉の便利な情報などを発信していきます!

関連記事